2006年12月13日

硫黄島からの手紙を見た!

イーストウッドの「硫黄島からの手紙」を見てきました。
父親たちの星条旗より良かったです。
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

まずキャスティングがいいですね〜。
それぞれ、すごく役にあってます。
その中でも評価したいのが、ジャニーズの二宮君。
テレビのバラエティに出てるときはなんてバカっぽい子だろうって思ったけど、映画の中だとナチュラル+繊細な演技でなかなかいいんです!
見直しちゃいました。
渡辺謙さんも役に良くあってました。
中村獅童君はかなりイヤーな感じの役です。今のプライベートの状況とあいまって、イメージダウンですね。。

しかし、アメリカが日本の戦争中の日本の戦士ををよく描けてるなと感心。
多分アメリカでは日本みたいな自己犠牲をしても「天皇バンザイ」で戦に命をかける感情って分からないんだろうな。
これを見て、すこしでも日本のそういう部分を世界の人に分かってもらえるととても価値のある映画だと思いました。

あ。そうそう。
硫黄島からの手紙の元になったドキュメンタリーがあるみたいだよ。
「硫黄島 地獄の36日間」アメリカ側から撮った実際の硫黄島での戦の模様。星条旗を立てる瞬間も見られるよ!!
しかし、正月から5時間以上の上映って。。。

posted by 玉姫殿ジョイ子 at 07:22| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この「硫黄島・地獄の36日間」は絶対に見たいですね。ドキュメンタリーというところが心に強く響きます。しかし本当に長いなあ。
Posted by エセ at 2006年12月24日 02:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

硫黄島:地獄の36日間
Excerpt: イーストウッド監督作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』が続々公開となり、注目を集める『硫黄島』。 アメリカの目線から見た36日間の激戦を、アメリカ軍海兵隊カメラマンによる当時の貴重な映..
Weblog: ショウビズ インフォメーション
Tracked: 2007-01-22 20:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。