2006年09月08日

第4回 夜のポエティズム 赤塚若樹のアニメーション講座

比較文化、映像、現代アートの研究、シュウ゛ァンクマイエルの世界を紹介するなど、幅広く活躍する赤塚若樹氏が、世界各国のアートフィルムやアニメーションの新情報、コンテクストなどをレクチャーする「夜のポエティズム 〜赤塚若樹のアニメーション講座」をまたまた見てきちゃいました!

第4回目の今回は、夜のポエティズムといいながら、日差しあふれる日曜の真昼間に開催。暑いのが苦手な赤塚さんは、日差しに恨みをこぼしながらも、ステキなお話を沢山聞かせてくださいました。
今回のテーマは、「シュウ゛ァンクマイエル特集」。11月に日本公開が予定されている”ルナシー”の解説からはじまり、撮影時のシュウ゛ァンクマイエル、シュウ゛ァンクマイエルが美術を担当した映画や、シュウ゛ァンクマイエルのご子息のお話、シュウ゛ァンクマイエルに通じるクリエイターさんの作品のご紹介など、貴重な映像を交えながら解説し、シュウ゛ァンクマイエル好きにはたまらない午後のひとときとなりました。

私はピンクフロイド(でしたっけ?)のクレイアニメのPVが衝撃的でした。作りは雑だけど、すごい世界観。すごいすごい!ああいう世界好きかも。

しかし、シュウ゛ァンクマイエルの新作は楽しみだな〜〜。今回のは精神病院が舞台とのことで、はちゃめちゃなことになっていそう。絶対に見るぞっパンチ

次回は10月14日(土)テーマは「ブラザーズ・クエイはどんなアニメーションがお好き?」だそうです。
ブラザーズ・クエイってなんだろう????
時間に都合がついたら行きたいな〜。でも、10月ということは、自分新しい世界に住んでいる予定だから、行けるかな〜〜。
posted by 玉姫殿ジョイ子 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。